小さな工務店にとってのマーケティングとデザイン


マーケティングとデザインにどう取り組んでいますか?


「うちは紹介が多いからマーケティングには力を入れてません・・・」

「性能と使い勝手が大切なのでデザインはそんなに重視しません・・・」


もしこういう答えでしたら、是非このまま読み進めていただきたいです。

なぜなら、毎日マーケティングとデザインのことばかり考えている私が、これ以上ないというぐらい簡単な文章でマーケティングとデザインの本質をお伝えできることに気付いたからです。


私はこれまで100棟以上の住宅デザインに関わり、多くのお客さまとの関係の中でマーケティングについて考えてきました。しかし、それらの本質とは何かと問われても答えられませんでした。それが、昨年マーケティングについてのあるセミナーに参加したことで気付きを得ることができました。


それがこれです。


「お客さまがどんな人で何を求めているか」それを言葉で表すことがマーケティングの本質であり、それを形で表すことがデザインの本質である。


例えばこの答えが「お客さまは公務員のご夫婦で小学生のお子さんが二人いて、二階建て40坪の木造住宅を求めている。」というような浅い所で思考が止まっていては決して良い家はつくれません。もっともっと深く思考を進めることで最適な言葉と最適な形が生まれて来るのです。


私の経験ではマーケティングとデザインの能力はトレーニングで誰でも磨くことができます。筋トレのように毎日繰り返すことで、単なる集客としてのマーケティングや単なる見た目を良くするというデザインとは全く違う次元の仕事が可能になるのです。


ルスカデザインではそんなお手伝いをしたいと思っています。

83回の閲覧

© 2020 RUSKA DESIGN

  • Facebook Basic Black